看護師の仕事は対患者だけではなくて、チーム全体の事を考えて、職場に敵を作らない配慮をする事が必要です。

MENU

病院勤務はチームプレーが大切

 

新人看護師の方には、「一生懸命仕事をしている。」「患者への処置や病院の仕事も一通り覚えた。」、それなのに気付いたら職場の同僚から嫌われて、敵だらけになっていた。

 

これは怪奇現象ではなく、看護師の世界ではよくある事です。

 

看護師の仕事は、患者の処置や世話をしたり、その他医師の補助、病院の雑務などがあります。
当然一番重要なのは、対患者に対しての仕事です。

 

最近では、クレーマーも増えていますし、病院側の揚げ足を取ったり、悪い噂がすぐに広まるので、患者に不満を持たれないように仕事をする事が必要です。

 

ここまでは誰でもすぐに理解できる事ですが、新人看護師が陥りやすいのは、看護師の職場はチームで働いているという事です。

 

患者に対しての事だけを考えるのではなく周囲の看護師や医師、その他スタッフへ対しても気遣いをして円滑に仕事が進めるように配慮しなければいけません

 

これができないと、患者に対して全力で仕事をしているのに、気づけば周りが敵だらけという状況に陥ってしまいます。

 

 

社会人の基本!!返事とお礼の言葉はしっかり行う

 

ポイント

新人看護師であれば、先輩と同じように仕事はできませんし、迷惑をかける事も多いです。

 

TOPページなどでも紹介している通り、看護師は性格が悪い人も多いので、何かあるごとに嫌味を言ったり、新人にすぐに心を開こうとしない感じの悪い人も多いです。

 

また、実際に現場で働くと、やる事と覚える事が多すぎて、すぐにテンパってしまいます。そこで陥りがちな事が、返事をしなかったり、仕事で助けてもらったのにお礼をしない事です。

 

これは看護師の仕事に限らず、社会人の基本です。

 

仮にあなたが人に何かを教えたり、助けてあげた時に、返事が曖昧で聞いているのか聞いていないのか分からないような態度を取られたりすると腹が立ちますよね。

 

同様に、困っている所を助けてあげたり、不始末のケツを拭いてあげてお礼の言葉ひとつ返ってこないと、次から助けたくないって思うのが当たり前です。

 

特に、最近の新卒世代の若者は、仕事を教えている時の態度が悪かったり、話し聞いているのか分からないなど、先輩看護師からのクレームが多くなっています。

 

新人は仕事ができないは当たり前ですが、それで苦労や迷惑をかけている先輩がいる事も事実です。

 

返事と真剣に聞く態度を心がけて、教えてもらったり助けてもらったら、落ち着いた時にでもお礼を言うようにしましょう

 

先輩看護師も新人教育を行っていると気持ちに余裕がありません。

 

挨拶をしても返事が返ってこなかったり、お礼の言葉を伝えにいくと、それがきっかけで説教が始まってしまう事もあります。

 

素直に「はい。」と返事をしていると、「本当に分かっているの?」「返事だけは1人前」など嫌味を言われる事もあります。

 

そこで、挨拶・返事・お礼などの社会人としての最低限の行為を疎かにしてしまうと事態はますます悪化するので、面倒くさい先輩、上司であっても、1人前になるまでは我慢して、常に下手で接する事を心がけましょう

 

 

 

優秀な看護師はチームプレーが得意

 

看護師の能力で最も重要とも言えるのが、チームプレーや職場全体の動きを見極める能力です。

 

看護師に求められるスキルとは?」のページでも詳しく紹介していますが、注射を上手にうったり、処置を早く正確にこなす事よりも、周りを見て適切な判断をする事が必要です。

 

これさえできてしまえば、周囲からは自然に認められますし、仲間も増えてきます。

 

新人看護師が怒られる理由やきっかけで一番多いのも、空気を読めない言動を起こしてしまい、チームの輪が乱れさせてしまった時が多いです。

 

新人の場合は、「自分が原因で周りにどれだけ迷惑がかかったか?」という事すら把握できない事も多いですが、新人だからできなくて当たり前という考えを持つ事は言語道断です。

 

ミスをした時には、その処置でミスをした理由を考えるだけではなく、そのタイミングでミスをした事で周囲にどれだけの迷惑を与えてしまったのかも考えて、反省していく事が新人看護師が壁を乗り越える為に必要な事です。