看護師に求められるスキルを仕事を正確にこなしていく事だけではなく、仕事を円滑に回す事も必要です。

MENU

看護師に求められるスキル

 

考える看護師

看護師として一番必要なスキルとは何でしょうか?

 

  • 患者の処置や世話を適切にする事
  • 必要な仕事を全て覚える事
  • 患者からの要望をヒアリングして満足するように対処する事

など、看護師に必要なスキルは色々あります。

 

しかし、ここまでで紹介した事よりも、もっと必要なスキルがあります。

 

それは、同時に色々な事を考えて、必要な処置をする事ができるかどうかです。

 

これは経験で補う事もできますが、センスや意識の持ち方次第で、新人看護師の中でもスキルをすぐに身につけられる人と、そうではない人で差が出てきます。

 

 

これだけの説明では分かりにくいと思うので、具体的な事例を紹介します。

 

外来勤務で患者のヒアリングをしていた中で、

お腹がとても痛くて、日常生活もできない。
医師も検査の結果次第では入院が必要な可能性が高いと言っている。
無職で身寄りもなく、入院費用を工面する事に不安を抱えている。
苦しいので、少しでも早く処置をしてほしいと言っている。

 

このような状況の場合、まずはエコーなどの必要な検査を取る事が必要ですし、入院が必要になれば手続きや事務的な処理、病棟への連絡などもしなければいけません。

 

治療費、入院費に不安があればソーシャルワーカーにも相談しなくてはいけませんし、患者から早く処置するように要望もあります。

 

 

ここでセンスの無い看護師の場合は、目の前の事で一杯になってしまいます。

 

こんな状況なので検査をとにかく優先してやってもらうようにお願いをしたり、入院準備を他の看護師に押し付けたり、自分自身でやろうとして、そこに夢中になり他の仕事を疎かにするなど、自分が抱えた仕事だけを見て周りの事が見えていません。

 

 

センスのある看護師であれば、ヒアリングをしている時点で、既に色々な事を考えています。

 

検査が必要であれば、「今日は検査課は混み合っているか?」、入院が必要になりそうなら、病棟のベッドの空き状況を考えます。
入院処理などやらなければいけない事がたくさんある場合は、その時の部署全体の状況で手が空いていそうな人がいないか考えます。

 

自分がこの仕事の対応をする為に必要な時間を計算して、お昼時にかかる場合であれば職員の昼休憩だったり、夕方の定時の寸前であれば、パートや嘱託など、残業できない人が途中で抜ける状況も踏まえて行動を取らなければいけません。

 

その結果、やるべき事の優先順位をしっかりつけて検査課や他の看護師、職員の仕事が円滑に回るようにどうやって動くかを考えなければいけません

 

 

ここまでできるようになれば、立派な1人前の看護師として周りからも認めてもらえるようになります。

 

要点をまとめると、

  • 1つの仕事をするのに、複数の事を同時に考えなければいけない。
  • チーム全体や他の部署も含めて円滑に仕事が回る方法を考えなければいけない。
  • 他のスタッフにヘルプを求める時には、その時の状況を見て適切な人にお願いする必要がある。
  • 誰にも仕事を頼めなくて、自分1人で仕事を抱え込む時は、その間の時間に他の事をやらない事で周囲に迷惑がかからないか考える。
  • 他の部署に検査や処置、対応をお願いする時は、どれくらい優先度が高いかをしっかり見極めて、時には自分の仕事を後回しにする。その場合は、先に他にできる事がないか考える。

など、部署や勤務によって仕事は違いますが、常に色々な事を考えて仕事をする事が看護師に求められる最も重要なスキルです。

 

看護師の仕事は、処置のやり方など、仕事の作業手順を覚えたら1人前ではなくて、もっと奥が深い事を理解しましょう。
そして、新人のうちから少しでも周りを見ながら仕事する事を心がける事が必要です。