新人看護師が怒られるのは、それだけ熱心に指導を受けている証拠です。気持ちが折れないように、その指導を受け止めましょう。

MENU

怒られているうちが華

 

怒っている人

新人看護師は、先輩や上司の看護師から、毎日のように怒られる事は当たり前です。
看護師以外でも、時にはドクターやその他の職種の人から怒られます。

 

怒られる事は、誰でも嫌な気持ちになるものです。
ミスをした時に怒られるのであればまだ我慢できますが、毎日のように誰かしらから怒られるのは、かなり精神的にきますよね。

 

ですが、新人の時に周りから怒られているうちが華とも言われています。

 

怒られなくなると、一体どうなってしまうのかも含めて紹介していきます。

 

 

ドクターからは無視される事も

 

医者それぞれ心の広さは違ってきますが、全般的に言える事は、医師は変わり者で自分勝手な人が多いです。
時には感情剥き出しで、看護師に理不尽な事で怒る厄介な方もいます。

 

ドクターの多くは、本気を出せばある程度の仕事は自分1人でもこなしてしまう事ができます。

 

毎日同じ事で怒られて、愛想をつかされてしまうと、最終的には無視されて、必要最低限の簡単な雑務をやれという指示しかもらえなくなってしまいます。

 

そうなると、看護師長や部長に「あの新人は使えないから、一緒に仕事がしたくない。」などとクレームがいって、最終的にはドクターからNG指定が出てしまいます。

 

ドクターが看護師を拒否する事は珍しくなく、その後1人前の看護師に成長しても、「○○医師からNG指定されてる」という汚点は、その職場にいる限り拭えません。

 

 

 

怒られる行為を通り越すとイジメに発展する事も

 

新人看護師は、先輩にちょっとした事でもキツく怒られてしまいます。
「そこまで言わなくても分かるよ。」「1回聞いただけじゃ覚えられない。」などと不満を持つ新人看護師も多いでしょう。

 

しかし、仕事で明確な落ち度がある時に、そこに対して真面目に怒ってもらえているのは、それだけ「1人前に育ってもらわないと困る。」と期待されていたり、必要とされている証拠です。

 

同じミスを繰り返したり、一向に仕事を覚える気配がなければ、「もうコイツはダメだ。」と見切られてしまう事もあります。

 

先輩から見捨てられた看護師は、それまでのように大きい口調で怒られる事が少なくなります
最終的には、それが原因でイジメに発展する事も珍しくありません

 

嫌がらせをされるなど、あからさまなイジメではなくても、同じ部署の若手で集まる飲み会に誘われなかったり、休憩中に誰も声をかけてくれなくなったり、どんどん居場所がなくなってしまいます。

 

怒られる事は、頑張ろうという気持ちに変えるなど、メンタルが鍛えられれば乗り越えられますが、その先のイジメやハブリに発展してしまうと、最終的に辞めるしか方法がないくらい追い込まれる事もあります。

 

 

 

最終的には左遷される

 

教育担当の看護師だけではなく、部署のスタッフ全員から「使えない」と悪い評価をされて、それが看護師長などの上司の耳にいった時に、師長から「もうダメだ。」と判断されると部署異動や配置替えで対処されます。

 

病院によって違いますが、オペ室や人手不足で雑務が溢れている部署などに飛ばされる事が多いようです。

 

基本的にこういった部署は、優しい先輩などは少なく、人間関係もかなりドロドロです。
この先看護師としてキャリアアップできるような経験も少なく、多くの人は部署異動してしばらくすると辞めてしまいます。

 

悪質な病院や上司だと、それまで何人も新人を辞めさせてきているような、病院内でもトップクラスのクセ者のベテラン看護師がいる部署へ異動させられるケースもあります。

 

他にも、病院系列が運営している介護施設や、ひどいケースでは看護師の資格がなくてもできるような仕事へ配属されてしまう事もあります。

 

新人の時に怒られるのは大変ですが、看護師として仕事をしっかり続けていきたいのであれば愛情があっての指導だという風に理解して、必死で怒られなくなる為の努力をしましょう

 

一人前の看護師になるために大切なこととは?