看護師を辞めると生活リズムが安定しますが、お給料が一気に下がってしまいます。

MENU

やめるメリット・デメリット

 

看護師をやめるメリットとデメリット

看護師をしている約75%の人が「看護師を辞めたい」と考えた事があるそうです。

 

看護師はシフト勤務であり夜勤もあります。体力的に楽な仕事とはいえません。
また、患者さんや先輩看護師や医師とのコミュニケーションを密にとらなければいけない為、患者さんとうまく関わる事が出来なかったり、同じ職場内の人間関係に悩みやすく、ストレスも抱えやすい職種でもあります。

 

なにより、人の命や病気と関わる仕事内容なので、精神的なダメージを受けやすい仕事でもあります。

 

もし「看護師を辞めたい」と思ってしまったなら、まず看護師を辞めた場合のメリットやデメリットをしっかりと考えてみる事が大事です。

 

看護師を辞めた場合のメリット

看護師はシフト勤務である事がほとんどなので、生活リズムが安定しない職種です。

 

そのため体調を悪化させやすかったり、食生活が不規則になりがちです。また休日もバラバラなので、友人などとの予定をあわせにくく、他業種の人との関わりがうすくなってしまう事もあります。

 

しかし、看護婦をやめて常勤のできる仕事に就いた場合、生活リズムが狂う事がありません。

 

規則正しい睡眠をとり、きちんとした食生活を送る事が出来る為、体調が悪化する事もありません。
休日も土日祝日が休みの会社に就けば、今まで予定を合わせづらかった友人などとも蜜に会うことが出来るようにもなります。

 

看護師は女性が多いため、独特の人間関係に悩まされがちですが、他の職場は男性も多く働いている職場がほとんどなので、今まで得ることの無かった出会いを感じる事が出来たり、女性独特の人間関係に悩む事ありません。

 

看護師を辞めた場合のデメリット

看護師の給料は他業種よりも高い事が多いため、転職してしまうとお給料が一気に下がってしまう恐れがあります。

 

新人看護師のお給料事情

 

また、看護師のお仕事しか経験が無い場合、パソコン作業であったり、今までやった事のなかった仕事を一から覚えるのは想像以上に大変な場合もあります。
なによりも今まで学生から一生懸命勉強した知識が必要にならなくなってしまうことが、思った以上に辛くなってしまうかもしれません。