今辛くても、乗り越えてしまえば、看護師をやっていて良かったと思える瞬間がやってきます。

MENU

看護師が辛いと感じる瞬間

 

看護師と言うのは患者さんの命や病気と向き合う大変なお仕事です。
特に仕事に慣れていない新人のうちは「看護師の仕事が辛い」と思う事がたくさんあるものです。

 

新人看護師が仕事が辛いと思うのはどのような瞬間なのでしょうか?

 

シフト勤務による負担

看護師の仕事は2交代や3交代勤務である事がほとんどで、その中には夜勤も含まれて居ます。
そのため最初のうちは生活リズムをうまく整える事が出来ない為、体調を崩しやすくなってしまいます。

 

シフト勤務に体が慣れるまでの間は肉体的に辛くなってしまうので、体の調子が悪くなってしまうと同時に、精神的にも看護師の仕事は辛いと感じてしまうものです。

 

患者さんや先輩看護師や医師とのコミュニケーション

コミュニケーションを取る看護師

看護師は患者さんとコミュニケーションをとりながら仕事を行わなくてはなりません。

 

患者さんの中にはきつい言葉で接してくる人も居ます。
そういった患者さんとのコミュニケーションに悩んでしまったりする看護師もいます。

 

また、看護師の多くは女性なので、独特の人間関係に悩んだり、医師とのコミュニケーションがうまくいかないことに悩んだりしてしまい、看護師の仕事が辛いと感じてしまう人も居ます。

 

仕事が辛いと思ったときには

自分が希望して一生懸命勉強してやっと看護師になったのに、仕事が辛い、とばかり思っていては仕事もうまくいきませんし、自分をどんどん追い詰めていってしまいます。
人の命や病気と向き合う仕事なので、日々の反省は大事ですが、「今日はここを頑張った」「今日はこれが出来た」など自分をほめてあげて、ポジティブな思考を持つ事も忘れないようにしましょう。

 

今辛い事でも、乗り越えてしまえば必ず看護師をやっていて良かったと思える瞬間がやってきます。
自分を追い詰めないように、休日には適度なストレス発散を行うようにしましょう。