上司先輩が仕事で追い込まれている時に、必要なフォローをできるようになれば一気に評価が上がって、嫌われていた先輩にも認めてもらう事ができます。

MENU

上司・先輩をフォローして認めてもらう

 

マルを出す看護師

新人看護師が先輩や上司に認めてもらうには、仕事を全て覚えていく事よりも、先輩達をフォローして助けてあげる事の方が近道になります。

 

新人看護師として実際に現場に入ると、先輩の事を、

 

性格がキツイ

こわい

細かい事に過剰に反応する

理不尽な事で怒る

 

など、不満を抱く人も多いですが、それはそれだけ先輩看護師も仕事で一杯一杯になっているからです。

 

今新人という方も来年再来年になれば、ただでさえ忙しい日常業務に加えて、新しく入ってきた後輩の面倒を見ると、きっと気持ちに余裕がなくて、丁寧に教える事ができる人はごく一部でしょう。

 

そんな状況だからこそ一杯一杯になっている先輩の仕事をフォローをする事ができれば、一気に評価を上げる事ができます

 

 

 

嫌われていると思っていた先輩にも一発逆転のチャンス

 

新人看護師は、先輩からちょっとした事で大げさに怒られたり、時には嫌味や嫌がらせをされる事もあります。

 

「先輩はきっと私の事を嫌っている。」
そう思っていた怖い先輩看護師でも、仕事でフォローをする事で一気に状況が変わる事があります

 

先輩看護師は新人に対して、

  • 覚えが悪い
  • 同じミスを繰り返す
  • やる気が感じられない
  • 積極性がない

などの理由で低い評価をしていても、状況に応じて何も言わずにフォローできることは、それまでの評価を覆すだけの威力があります

 

「もうこの先輩にはずっと逆らえない。」「怒られながら仕事をしていかなければいけない。」などと諦めるのはまだ早いです。

 

看護師の世界では、新人の頃に散々いじめられていた先輩や上司が相手でも、2~3年後には上下関係も少なく、仕事もプライベートでも仲の良いパートナーへ変わっている事も珍しくありません。

 

新人看護師が先輩から嫌われていると思うのは、おそらく正しい事です。

 

しかし、仕事量が多くても、息の合う仲間ができると一気に仕事が楽になる特性もあり、多少成長して気を利かせられるようになれば良好な関係を築いていけるようになります

 

少しキツい事を言われたりしても心を折らずに、先輩に認めてもらえるようにフォローできるチャンスを見逃さず、アンテナを常に張っておく事が新人時代の壁を乗り越える為の有効な手法です。

 

仕事ができず、先輩に怒られなくなってくるとどうなる?