常勤看護師とそれ以外のパートや非常勤、嘱託など残業しない条件で働いている看護師は、衝突する事も多いです。

MENU

非常勤・嘱託・パートの新人の注意点

 

イエローカード

最近では、一度社会人になったり、結婚して主婦になってから看護師の資格を取る人が増えています。

 

また、看護師として一つの病院で成り上がっていこうという野心を持つ人も減り、最初から「最低限の生活ができる分だけ働ければ、将来性はそれほど気にしない。」などと考える若者も増えています。

 

その結果、新人看護師が常勤ではなくて、パートや嘱託・非常勤として勤務するケースが増えています。
常勤以外の働き方であれば給料は少ないですが、看護師の仕事のネックになる残業や夜勤をしなくてもいいメリットがあります。

 

しかし、こうした残業をしない働き方だからこそ、新人へ対しての風当たりは強くなる事があります

 

 

定時間内にできなかった仕事は常勤がケツを拭く

 

雇用形態によっては残業をしなくても良い条件で働く事ができますが、看護師の仕事は終わらなかったら次の日にやればいいといった持ち越せる内容はほとんどありません。

 

残業しないで帰った後も、常勤看護師がその後処理をしている事を肝に銘じておきましょう。

 

 

常勤よりも仕事に全力で取り組む姿勢を求められる

常勤であれば、仕事が遅かったり効率が悪くても、当事者である自分自身が残業をして片付けられます。

 

なので、同僚も常勤に対しては多少やる気がなかったりしても目を瞑ってみてくれます。

 

しかし、勤務時間が限られている非常勤やパートなどの環境で働いている人は、自分の仕事は定時までに片付ける事が求められます

 

業務内容によっては、どうしても捌ききれない時もありますが、精一杯仕事に取り組んで少しでも常勤に引き継ぐ仕事を少なくする努力をする事が求められます

 

残業をしない環境の新人はこういった意識がなく、ただ時間が過ぎれば、「後は常勤が解決してくれる。」と軽い気持ちで仕事に取り組んでしまう人もいますが、当然ケツを拭く常勤は面白い事ではありません。

 

 

 

雇用形態を言い訳にするのはNG

常勤や非常勤・パートなど、様々な雇用形態の看護師が一緒に仕事をする環境では、当然常勤看護師が色々な責任や管理を負担しなければいけません

 

パートや非常勤には、子供の保育園への送迎など、残業ができないし、常勤よりも多く休みを取らないといけないので、しょうがない事です。

 

何か仕事を押し付けられた時や、会議でもっと効率化の為に新しい仕事をしようとしている時でも、必然的に先頭に立ったり、負担を強いられるのは常勤です。

 

しかし、非常勤やパート・嘱託などの看護師が、自分の雇用形態を棚にあげて「できません。」とあからさまな拒否姿勢を取れば、常勤はどのような気持ちになるでしょうか?

 

「結局面倒くさい事は全部常勤がやればいいのね。」と思って引き受けてくれますが、良い風には思われません。

 

現実問題、雇用形態によってはできない事はたくさんありますが、「常勤じゃないからできません。」という言い訳を常勤スタッフに対して口に出して言う事は敵を作るだけです。

 

できない事は最終的にはできない方向で落ち着くので、「今の自分の環境でできる事があればやります。」などと上辺だけでも誠意を見せておくようにしましょう